rsyncを使ってサーバのデータをバックアップ

CentOSならrsyncは、標準でインストールされています。
rsync / ssh がインストールされていないようであれば、インストールしてください。

rsync のインストールディレクトリの確認は、

 

sshでサーバに接続した後、下記コマンドを実行するとファイル同期します。

公開キーでの接続だったり、ポート番号を変更している場合に指定します。
ssh -i 鍵ファイル -p 接続ポート番号

接続とディレクトリの指定をします。
アカウント名@コピー元のサーバホスト:コピー元のパス コピー先のパス > ログファイル

オプション値については、下記サイトを参照。
http://www.infoscience.co.jp/technical/rsync/rsync.html#option

コマンドをcronに設定しておけば、定期的に同期されるようになります。

※1時間毎に同期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください