巧妙に仕組まれたキャリア(au)の罠

現在、auで iPhone6 を使用しています。

で、今年3月だったかな? に 最安の1GBプランが登場しました。

自宅も会社もずっとWi-Fi環境にあるため、月々のパケット消費は500MB前後で、電話もほとんど使っていなかったので、これは安くなるぞとすぐに飛びつきプラン変更をしました。
ちなみに変更前のプランは、カケホ + 定額2GBで、月々6,000円前後でした。

翌月になり、これで1,000円程度 下がっていると思って請求書を見てみると
なんと、7,300円上がってたんですね。
なんでだろうと明細をよく見てみると毎月割が無くなっているじゃないか。

ホームページをよくよく見てみたところ、小さな小さな文字で
※ 「データ定額1」にご加入の場合、毎月割・データくりこしは適用されません。
と注釈が書いていました。
http://www.au.kddi.com/iphone/ryokin/super-plan/?bid=we-ipo-2015-5020

ちくしょーと思いながらも前の カケホ + 定額2GB プランにすぐに戻して、一件落着かと思いきや

さらに翌月の請求書は、
8,600円に!!!!

ぇ・・・・

またまたホームページをよくよく見てみると
毎月割のページにこれまた小さな字で、
※割引対象期間中に機種変更(端末増設)・一時休止・解約や指定のデータ(パケット)定額サービス(一部料金プラン含む)から指定外のサービスへ変更または廃止された場合、変更お申し込み(プラン適用されなくなった月)の前月利用分をもって終了いたします。
とありました。
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/usage-fee-discount/maituki-wari/

注釈書かれているからもう無理だろうと諦め、
現在の最安となる スーパーカケホ + 1GB プランに即変更して、au SHOPに相談に行きました。

クレーム言いに行ったわけじゃないですよ。

今の機種を下取りしてもらって、iPhone6sに機種変したら、再度毎月割が付けれるのでやすくなるのかなあと。

でも、下取りで残債は相殺できるのですが、新規機種代がかかってくるので、機種変するほうが高くつくとのこと。
今のままの機種でいくほうがよいというアドバイスをもらいました。

変える前のままだったら カケホ + 2GB で、6,000円だったものが、
最終的には、スーパーカケホ + 1GB にダウングレードしたにも関わらず、プラス1,300円となってしまいました。

MVNOに乗り換えようとかも思ったのですが、2年縛りがあるため、解約するのもお金がかかるということで、現状維持でがんばろうと思います。

高い勉強代となってしまいました。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください