WordPressのギャラリーをカスタム

WordPressのギャラリーの表示部分をCSSで自由にしたい!!

下記コードをfunctions.php に追加してください。

使っていない処理とかも残ってたりしますが、このコードを入れることによって、下記のようなシンプルなコードが出力されるようになります。

今回は、Lightboxを使うようにタグを調整しています。
出力部分のコードは、97行目あたりを弄れば自由に吐き出すことが可能です。

※このコードを追加すると、管理画面上の「ギャラリーの設定」は機能しなくなります。
サムネイルサイズやカラム数を設定したところ、この関数で固定になります。
サムネイルサイズを変えるときには、37行目の値を変更してください。
カラムなどのレイアウトについては、基本CSSで調整することなります。

わかりやすい参考サイト

使いづらいWordPressのギャラリーをけっこう使えるギャラリーにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください