PowerCMSでのCSVインポート

年末に向けて忙しかったので、ほぼ1ヶ月ぶりの更新となりました。
仕事以外にも娘の1歳の誕生日やクリスマスとイベント事も多かった怒涛の1ヶ月でした。

さて、最近、PowerCMSを使った案件が多く、久しぶりにMovableTypeを本格的に触っております。

別CMSの記事をCSV形式でMTにCSVインポートする際、カスタムフィールドに画像(ファイル)を設定する必要がありました。

とりあえずCSVの記述を下記のようにしてみました。

/images/sample.jpg
http://example.com/images/sample.jpg

これでは、そのままテキストとして登録されアイテムのヒモ付はされず、うまくいかない。。。

既存記事をエクスポートすれば分かるのですが、アイテム登録されているものは、下記のような記述になっています。

アイテム部分は諦めて、記事をインポートした後、手動で設定していこうかと思っていたところ、PowerCMSに隠し機能がありました。

参考

開発者だけが知っている PowerCMS の隠し機能 その1 〜インポート CSV の作成を楽にする相対指定〜

手順としては、ファイルをとりあえずサーバにアップしておいて、そこまでのパスの前に「%r」を付けるだけ。
%rを公開パスに置き換えて設定され、アイテムへの登録もしてくれました。

久々に触るとわからないことも結構増えてたりして、知らないと無駄な工数が増えるところでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください