WordPressのデバッグ方法

add_filter処理内など、var_dumpが動かない場合に変数の中身が理解らず困ったときの対応方法です。

まず、wp-config.php内にある WP_DEBUGtrue に変更します。

続けて、下記コードを追記します。

functions.php に下記コードを追記します。

これでログ出力の準備が整いました。

 

ログを出力したい箇所に _log(); を挿入することで、wp-contentフォルダ内に debug.log ファイルが生成されます。

 

例えば、

これは、filter上でvar_dump出来ず、$items にどんな値が入っているか確認することができません。

とすることで、$items の中身が、debug.logに出力できます。

このログ出力機能を使用することで、add_filterなどで扱っている内容も確認することができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください