長女の定期検診

昨日、娘の定期検診があったので、お盆休みを1日延長して、付き添い行ってきました。

大学病院の形成外科と小児科の2つ合わせてだったので、
朝9時に行って、終わったのは17時と、だいたい8時間ほどかかりました。

レントゲンに心エコー、血液検査など、フルセットだったので、仕方ないところではありますが、かなりの疲労。

検診の結果は、朗報ばかりだったのでよかったですが、
普通に仕事してるほうが楽なんじゃなかとさえ思ってしまいます。

薬も朝昼晩から減って、朝晩になり、次回心臓の状態次第では、完全に無くしてもよいという話さえも出てました。

これからも順調に成長してくれることを願うばかりです。

 

 

以下、Facebookにアップしていた状況。

12月19日
本日、長女の初の1週間健診でした。
数日前から呼吸に違和感はありましたが、安易に大丈夫だろうという考えだったのですが、生死にも関わるかもということで、救急で市民病院に移され、そこで検査すると心臓に問題があるということがわかりました。
手術等になった際は、市民病院でも対応できないとかで、もっと大きい施設の整っている大学病院に再転院となりました。
精密検査した所、直ぐさま手術する必要はありませんでしたが、NICUに即入院となりました。
一応、薬で1〜2日様子見という感じですで、その経過次第でどうなるかは、、、
一人目の時は何もなかったので、当たり前のように思ってたけど、生まれてくるって奇跡の連続なんだなぁと思いました。
早く元気になってほしい〜〜

1月11日
先月生まれた娘が、3週間ぶりに本日退院となりました。
入院前と退院後の顔付きがまるで別人ww
入院時に、気づかなければ半年もっていなかったと言われていたものが、先生、看護師の皆々様のおかげで、かなり改善されました。
もう少し大きくなってから心臓の手術の可能性が残ってはいますが取り急ぎの症状は大丈夫そう。
緊急入院の時も突然でしたが、退院も突然で、昨日面会に行った際、「症状も安定してきたので、いつでも退院できますがどうします?」と聞かれたので、こちらもいつでもいいですと言ったところ「じゃあ明日朝10時にしましょうか」と。
早くても今月末かなと思ってたため、昨日は大慌てで家に帰り、掃除やら必要なものも揃えたりとバタバタでした。
昨日まで夜は病院で診ていただいていたので、ぐっすり寝れていたのが、今日からは寝れない夜が来るかも?!
長く泣き続けると心臓に負担がかかるということだけど、なかなか泣き止まずあたふた。
これからまた新たに頑張ります!!

4月4日
明日、娘のカテーテル検査・治療が行われます。
病名としては、「動脈管開存症」と「心房中隔欠損」があり、それぞれ単独であれば、そこまで重い症状にはならないらしいのですが、複合して症状が悪化しているとのことです。
動脈管は、NICUにいるときに薬で、一旦閉じかけていたんですが、最近また開いてきたということで、心不全がひどくなってきました。
当初、5月末くらいに検査だけの予定でしたが、最近では母乳もうまく飲めず吐くことも多く、思うように体重が増えないため、予約を繰り上げていただき、検査、さらには治療まで行うということなりました。
先日、主治医の先生に手順やリスクなど、かなり細かい所まで説明いただきました。
明日のカテーテルでは、動脈管をコイルかアンプラッツアー閉鎖栓という物で塞ぎにいくとのこと。
アンプラッツアーを使った治療としては、まだ10年程度と歴史は浅いようです。
色々話して、同意書にサインしたりしたが、最終的には全て先生に任せるしかないので、成功することを祈るだけです。
今、娘は夕方から点滴が始まり絶食となりました。
お腹が減って泣いてもミルクを上げることができず、泣くこと自体も心臓に負担がかかるため、明日の治療が完了するまでを乗り切らねば。
明日を乗りきり、良くなってくれることを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください